LOBØS LOGOS 〜 adlibler’s diary

変幻自在、自由自在に。横浜市で活動している、ロボスフットボールクラブのオフィシャルブログです。

屋良さんトークイベント、開催のお知らせ

f:id:neutralfootball:20190619191721j:image

屋良 充紀・トークイベント
『サッカーに関わるなら、決して切り離せない大切なこと』
 
日程 … 2019年6月29日(土)
時間 … 18:30 ~ 20:30
会場 … リスト関内ビル4F(関内駅から徒歩1分)

 
ブラジルやコロンビア、エクアドルでプロ経験を持ち、シリア代表でもコーチを務めた屋良充紀さんのトークイベントです。
 
選手、指導者、保護者として …
サッカーに関わっていくのならば、決して切り離すことのできない「大切なこと」
この切り口で、熱く喋り倒してもらいます。
 
屋良さん、個人的に「日本で一番おもろいオジサン」だと思ってます(笑)
 
こんな指導者は他にはいません。屋良さんの魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい。
今回のイベントを企画したのは、この想いだけでした。
 
参考までに、最近の屋良語録がこちら … 
 
WiFiは人を選んで接続するべき
・サッカーを語る上で政治はつきもの
・家庭で本当にしっかり教育していれば戦争はなくせる
ロマーリオが発掘された環境の話
・スペイン帰りとか、◯◯ばかり
・沖縄の話
・子どもを潰すのは親
・いじめられたなら殺すまで帰ってくるな
・ボランティアの真の意味
・机上の話が多すぎる
・俺は中2からサッカー始めた
・小学生からサッカーしてたら、たぶんサッカー嫌いになってやめてた
 
南米と日本の違い、日本の育成の問題点、育成する上での大事なポイント
サッカーとはどんなスポーツか?
サッカーしか知らないで、サッカーは語れない
 
屋良さんの放つ強烈な言葉の節々には、サッカーへのほとばしる愛情と、育成に対する熱い想いが感じられます。
是非この機会に、屋良さんの魅力を感じて下さい。
 
指導者や保護者の方だけでなく、現役選手の方、学生コーチの方、これからコーチを志す若い方々にも、是非、参加して頂けたらと思います。
必ずや突き動かされて、サッカーへの考え方、この国でサッカーに関わるということの意味、そして一番大切なこと…について、考えさせられる良い機会になると思います。
 
現在内戦で国の様相が変わってしまった「シリア」について
平和だった頃の話、シリア代表での話、そしてシリアの今。
シリアへの想いも、語ってくれます。
 
皆さんのご参加を、お待ちしております。
 
シリアA代表 元コーチ・屋良充紀さん「サッカーが持つ可能性とは」
http://www.worldfut.com/?p=4977
 
---------- ----------
 
屋良 充紀・トークイベント
『サッカーに関わるなら、決して切り離せない大切なこと』
 
日程 … 2019年6月29日(土)
時間 … 18:30 ~ 20:30
会場 … リスト関内ビル4F(関内駅から徒歩1分)
 
【 費用 】
当日のお支払い … 3000円
事前の銀行振込 or LINE Payでのお支払い … 2500円

 
【 お申し込み方法 】
下記ホームページの《お問い合わせ》ページからお申込み下さい。

https://www.footballnavi.jp/lobos/news_view.php?kn=20586
 
こちらから返信をさせて頂き、確認できた時点でお申込み完了とさせて頂きます。
屋良さんへの質問がある方は「お問い合せ内容」の欄に、ご質問を入力して下さい。
 
---------- ----------
 
屋良 充紀氏・プロフィール
 
1989年、プロを目指し単身ブラジルへ。
1991年、サンパウロ州リーグ1部サント・アンドレとプロ契約。
その後、マウアエンセ(2部リーグ)グリーン・クロス(エクアドル1部リーグ)サンタフェ(コロンビア1部リーグ)でもプレー。
 
現役引退後は、横浜市で自身が体験したブラジルストリートサッカーをヒントに、1995年より4歳から12歳までのサッカースクール「エスコリーニFC」を開校。
2000年からは、横浜FCの下部組織Jrユースの監督も兼任、7年間務める。
2007年より日本サッカー協会の「アジア貢献プログラム」で中東シリアに派遣され、シリアサッカー協会配属のコーチを務め、後にシリアA代表のコーチも務めた。
 
現在は、ジュニアユース年代のクラブ「リーベルプントFC」の監督を務める。
 
http://soccer-rs.com/yara/01/