LOBØS LOGOS 〜 adlibler’s diary

変幻自在、自由自在。横浜市で活動している LOBØS(ロボス)のオフィシャルブログです。

負けは監督の責任

f:id:neutralfootball:20200212192050j:image

2月9日(日)

LOBØSジュニアユース・ラコリーニャス 

U-13リーグ

横浜市東戸塚小学校)

 

LOBØS(ロボス)

由来はスペイン語で「狼」を意味する「Lobo」から。左胸についているクラブのエンブレムも、狼。

さらにジュニアユースの通称「ラコリーニャス」は、スペイン語で「la colinha」日本語にすると「丘」いう意味。ホームとする保土ヶ谷区、さらにホームグランドのサニーは横浜でも標高の高い場所にあるので、丘。

 

児童と呼ばれた小学生を終え、自分の意思で、このクラブでサッカーを続けると決意し丘の上に立つ若き狼たち、という意味を込めて、こう付けた。

 

つまり、丘の上の狼。

 

可愛いリスでもウサギでもアルパカでもない。狼。

俺らはそんな狼なんだという想いを持ちながらプレーしてほしい、と試合前に伝えた。

 

試合開始

狼らしく相手に牙を剥き、選手達は素晴らしい戦いぶり。

 

後半残り15分まで0-0。一進一退。

しかし、そこから失点を重ねてしまった。


f:id:neutralfootball:20200212192047j:image

選手達は、とてもよく頑張ってくれたのに。

f:id:neutralfootball:20200212192315j:image

U-12から招集したメンバー達も、とても頑張ってくれたのに。


f:id:neutralfootball:20200212192239j:image

 

試合の流れを見るとか、試合を動かすことには自信があったほうなんだけど、今日は流れを読み間違えた。そして、ピッチ上で起きていることを見誤ってしまった。

 

完全に自分の采配ミス。もうそれしかない。本当に、選手達に申し訳ない。

 

自分自身が、狼になりきれなかったのかもしれない。

猛省の一日でした。

 

#ジュニアユース2020年度新入団選手募集中です。詳細・お申込みはHPから

https://www.footballnavi.jp/lobos/