LOBØS LOGOS 〜 adlibler’s diary

変幻自在、自由自在。横浜市で活動している LOBØS(ロボス)のオフィシャルブログです。

活動休止期間延長のお知らせ

f:id:neutralfootball:20200407201724j:image

 

新型コロナウィルス感染拡大防止のための、活動休止期間について

 

本日4月7日、政府から緊急事態宣言が出されました。


現状、ロボスでは12日まで活動休止としていましたが、緊急事態宣言の他、ここ数日の首都圏の感染拡大の状況やこの先の予測データを鑑みれば、活動休止期間は延長せざるを得ません。


スタッフ間で協議し、またスタッフ外の方々のご意見も参考にしながら協議した結果、以下のようにさせて頂きます。


5月6日まで、活動を全て休止とします。


・感染拡大状況の推移により、活動休止をさらに延ばすこともあります。


・感染拡大状況が落ちついたと判断できた場合のみ、スポット的に集まってサッカーをやれる時間をつくることも検討しています。

(感染拡大状況が落ちつかなければ、集まることはありません)


現在表に出ている数字は検査数を絞っている段階でのものです。

つまり本当の感染者数は、今出ている数字とは一桁、もしかしたらそれ以上、違うものだと推察されます。


つまり 自分が知らない間に感染している、という前提で行動しなければなりません
そして 知らない間に人に移してしまうということを避けるため に、緊急事態宣言も、外出自粛の要請も出されているのだと思います。


クラブの子ども達、保護者の皆さんも含めた周りの大人達、そして

国籍も年齢も関係なく、同じ街、同じ都市に暮らす全ての人達の健康と安全を守るため に、このような判断をさせて頂きました。

 

何卒、宜しくお願いいたします。

 



クラブよりお知らせ

f:id:neutralfootball:20200402205624j:image

 

4月の活動について、重要なお知らせです。

 

新型コロナウィルスの感染拡大状況が、ここ一両日を見ると、思った以上に緊迫化しているように思います。

 

若者の感染者が急速に増えています。そして

知らない間に感染して、知らないままに他の人に移してしまう⋯というフェーズに入ってしまっているようです。

 

また本日(4/2)に明らかにされたデータでは、若者の年齢層をいくつかに分けた時、

年代が下がれば下がるほど、重症化のパーセンテージが上がるそうです。

 

それを考えると、例えば、コーチ陣も含め、大人子ども問わず、知らない間に感染してる人が練習場所に来て、知らない間に誰かに移す、移された側が重症化してしまう、、という事態も、空想レベルの話ではなく、すぐ間近にある命のリスクとなってきます。

 

先週までは「活動はやれるならやる」という認識でいましたが、上にあげたようなここ数日の情勢やデータを見ると、命を守るためには、その認識のままではあまりにも楽観的すぎるのではないか、と考えるに至りました。

 

自分も含め、身近に高齢者の方がおられるご家庭も多いでしょうし、実際にその理由で練習を休んでいる子もいます。

 

誰も感染しない、誰にも移さない、という各自の最低限のラインは絶対に守らなければいけません。そのためにも、クラブとして、活動は無理に行うべきではないという結論に達しました。

 

なのでひとまず、4月3日(金)から4月12日(日)までの活動の全てを、休止とします。
園児〜ジュニアユース、全てが対象です。

 

13日(月)からの再開を予定しておきますが、コロナの情勢次第では、もちろん休止を延ばすこともあります。その都度すみやかに決定し、すみやかに連絡をいたします。

 

何卒、ご理解のほど宜しくお願いいたします。

 

も、の効用について ~ ジュニサカコラム更新

f:id:neutralfootball:20200330193536j:image

『 ジュニアサッカーを応援しよう!』にて連載中の久保田コラム、最新版がupされました。

jr-soccer.jp

 

今回は『も』の効用について。

偉そうに書きつつ、久保田もまだまだしょっちゅう間違えます。気をつけないと⋯

 

《おうち時間》でお暇な方、宜しければお読み下さい。

 

#We can be adlibler

#僕らはアドリブラーになれるんだ

#Design

 

ジュニアユース2020年度新入団選手募集中です。

詳細・お申込みはHPから

https://www.footballnavi.jp/lobos/

 

本当の拘りとは。指標となるチームと出会えた幸せ

f:id:neutralfootball:20200329184435j:image

3月23日(月)ジュニアユース・トレーニン

うちはいつでも自由参加。コロナ禍のこんなご時世だけれど、選手・コーチそれぞれ各自が気をつけながら、そして参加するのかしないのかも各自が家庭で話し合って考えた末で来てくれるのなら、日常の練習はなるべくやりたいと思ってる。

 

しかし、来週にもなれば、こんな悠長なことも言ってられない事態になっているのかもしれない。

その変化をキャッチする感度は高く持っていなければいけないから、現場で選手を預かる立場としては、常にレーダーを張り巡らせてヒリヒリしていたい。

思い込みは厳禁だ。

 

この日は新たにひとり、入団の意思を示してくれる6年生が来てくれた。

随分前に一度だけ体験に来ただけの子だったのだが、この日いきなり、入団申込書を持って現れてくれた。

話した感じ、彼の中で自分の意思が強烈にあるように見える子だから、プレーを観ていてもそりゃぁ楽しい。

 

彼だけに限らず、まだ強豪でも名門でもないこのクラブを選んでくれた新一年生達。これから一緒に過ごす3年間が、本当に楽しみだ。

 

---------- ----------


f:id:neutralfootball:20200329184431j:image

3月27日(金)ジュニアユース

今年度最後の試合は、エスポルチ藤沢さんと。

新横浜公園第一運動広場)

 

本当なら、この日は2019年度のU-13リーグ最終戦のはずだった。

しかしコロナ禍のため、今月の公式戦は全て中止との決定が。その決定の通達が来てすぐに、エスポルチの広山さんに連絡をして試合を申し込んだ。

 

実はエスポルチさんには、過去、うちの卒業生が3名お世話になっていて。

その3人目、中3のコウセイが先日エスポルチ藤沢を無事卒業したと、彼自身から連絡をくれて。

いろいろあった3年間だったようだけど、エスポルチに入ったことは後悔してない、と自分から伝えてきてくれた。

 

そんな彼からのメッセージが来た夜、久しぶりに広山さんに連絡をして彼がお世話になったことへのお礼を伝え。

その際に「今度ぜひ試合やりましょう」と言って下さっていたから

「そのうち」「機会があれば」とお茶を濁すのではなく、本当に試合をしてもらおう!と思って、リーグ戦が中止になったと聞いてすぐ、広山さんに連絡をしたのでした。

 

エスポルチ藤沢。知る人ぞ知る広山晴士さんが指導する、ボールへの拘りをとことん追求するクラブ。個人的感想だけど、その拘りは、きっと関東随一だと思う。

ジュニアユースを立ち上げた以上、エスポルチとは必ず試合をしてもらおう⋯とずっと思っていたのだけれど、このタイミングでようやく実現することができました。

 

この前日、神奈川県の黒岩知事から今週末の外出自粛要請が出て、神奈川県サッカー協会からは「4月中の公式戦は全て中止」という通達が来た。

そんな中で試合をやるのは非国民扱いされるかもしれないけれど、それでも、この日の試合はやりたかった。

広山さんにも確認した所、二つ返事で「うちは行きます」と言ってくれた。本当に、有り難かった。

 

この日、残念ながら広山さんは所用で来られなかったのけれど、やっぱり試合ができて良かったと、心から思う。

たぶん8割以上ボールを握られた。そして、エスポルチの選手達がボールに対して見せる本当の拘りを、これでもかと見せつけられた。

拘るって言葉はよく使うけど、本当に拘るってどういうものかということを、うちの選手達も強烈に肌で感じ取ってくれたんじゃないかな。

 

2本目以降は少し慣れてきたみたいだけれど、それでも、ボールに対する根本の差を、きっとそれぞれが胸に焼きつけざるを得なかったと思う。

こういう試合は、戦術とか二の次。戦術を凌駕する技術への拘り。そして心をどう持つかという、一番大事な「マインド」の部分。

 

フットボーラーとしてそのマインドでいいのか、そんな自分でいいのかということを、彼らに途中で投げかけた。

年度の最後にそんな話ができたのは、相手がエスポルチだったからこそ。

他のチームとの試合ならば、あそこまでの話はきっとせずに済む。

 

そういう意味で、年度の最後にふさわしい試合だったと言えるのかもしれないな。

良い指標に出会えました。またぜひ、やってもらいましょう。

 

エスポルチ藤沢さん、こんな時期に、そして地獄の強風と砂嵐の中、本当にありがとうございました。

 

#We can be adlibler

#僕らはアドリブラーになれるんだ

#Design

 

ジュニアユース2020年度新入団選手募集中です。

詳細・お申込みはHPから

https://www.footballnavi.jp/lobos/

 

早貴さんありがとう

f:id:neutralfootball:20200329195519j:image

10年前

 

f:id:neutralfootball:20200329183220j:image

3月26日(木)幼稚園に咲いた桜

f:id:neutralfootball:20200329183213j:image

f:id:neutralfootball:20200329183451j:image

園児はこの日が今年度最後のサッカー。

 

本当に「おもろい子達」の集まり。幼稚園を卒園した年長さん達も、1年生になってもほぼうちでサッカーを続けてくれるのでとても嬉しい!

先日の卒園式。周りがまるで泣かない中、ひとりだけ嗚咽に近いレベルで泣いていたw という某男の話を聞いて、やっぱりこいつは大物だわと、こっちまで感動してしまった。

それを見て他のお母さんたちが釣られて泣く、というインフルエンサーぶりを早くも発揮したらしい。うん、いいぞw


f:id:neutralfootball:20200329183436j:image

この日が最後の早貴コーチ

彼女は4月から、小学校の先生になる。


f:id:neutralfootball:20200329183440j:image

そんな早貴さんと。


f:id:neutralfootball:20200329183447j:image

U-8の時間。格好のアトリエ(切り株)を見つけてしまった、うちの画伯(7歳女性)


f:id:neutralfootball:20200329183443j:image

U-8のみんなとも、最後の記念に。

 

f:id:neutralfootball:20200329183635j:image

最後はU-10 & U-12


f:id:neutralfootball:20200329183647j:image
f:id:neutralfootball:20200329183641j:image


f:id:neutralfootball:20200329183638j:image

早貴さんとの最後。いい感じでゲーム三昧⋯!
f:id:neutralfootball:20200329183644j:image


f:id:neutralfootball:20200329183650j:image

最後に早貴さんからみんなへ。

 

クラブの卒業生だった彼女。うちのクラブの歴史を語る上では決して外せないような子なんだけど

まさかあの早貴と、大人になった彼女と、こうしてまた一緒にサッカーができる日が来るなんて。コーチとして戻ってきてくれてからの約一年半、僕はどこか不思議な気分で、どこか夢見心地で、昔の時間を取り戻そうとしながら、彼女のおかげでサッカーに来るのが楽しくなり、彼女のおかげで子ども達にもゆとりと笑顔が増え、クラブの雰囲気はポジティブに変わっていった。

だから、早貴には感謝してもし切れない。子ども達の間で早貴ロスが起きなければいいのだけれど⋯たぶん起きる(汗)

 

前にも書いたけれど、彼女は周りにいる人達を笑顔にさせ、和ませ、惹きつけ、幸せにな気分にさせる天才。

だからきっと、小学校の先生は天職だと思う。いつだったか、その夢を初めて聞いた時に僕は「あぁ、いかにも早貴らしいな」と思った。

 

先生になったら大変なこともたくさん起きるし、嫌なことも悲しいこともあるかもしれない、いや、きっとある。

天職とか言いつつ矛盾するようだけど、苦しくなったら我慢せずにいつでもすぐ辞めろ、とも言ってある。自分の心が壊れるまでやる必要もない。

今のご時世はなおさら。本当に、こちらの想定やリミッターを平気で超えて壊しにくるような人が、たくさんいるから。

 

まぁでも

話が二転三転するけれども、先生という天職を楽しんで、これから出会う子ども達と一緒に楽しんで、その子達を幸せな気分にさせてあげる先生になってほしい。

きっとなれる。彼女が8歳の頃から知ってる俺が言うんだから間違いない。

 

これからも暇があればいつでもサッカーしに来ていいし、きっと来るだろうし、ていうかすごく来てほしいので、大々的に「さよならぁぁ〜!」みたいなセレモニーはやらなかった。

いつでもいつまでも、同じファミリーだかんね。

 

とりあえず、早貴さんこれまでありがとう。とってもとっても、カッコかわいい先生になるようにね。

 

f:id:neutralfootball:20200329195356j:image
f:id:neutralfootball:20200329195008j:image
f:id:neutralfootball:20200329195024j:image
f:id:neutralfootball:20200329195012j:image
f:id:neutralfootball:20200329195207j:image

f:id:neutralfootball:20200329195840j:image
f:id:neutralfootball:20200329195512j:image
f:id:neutralfootball:20200329195515j:image
f:id:neutralfootball:20200329195258j:image

 

f:id:neutralfootball:20200330215814j:image

 

#We can be adlibler

#僕らはアドリブラーになれるんだ

#Design

 

ジュニアユース2020年度新入団選手募集中です。

詳細・お申込みはHPから

https://www.footballnavi.jp/lobos/

 

 

卒業試合 ~ 本を贈る意味

f:id:neutralfootball:20200322211246j:image

6年生達からもらいました。ありがとう!

 

3月21日(土)

この日行われた大会が、6年生は最後の試合。つまり卒業試合。

訳あって試合の様子は写真載せられないので、今回はうちの集合写真だけでご勘弁を。

 

f:id:neutralfootball:20200322211348j:image
f:id:neutralfootball:20200322211344j:image


f:id:neutralfootball:20200322211352j:image

某弟。ジワるw

 

f:id:neutralfootball:20200322211341j:image

タオルマフラー。カッコよすぎ!クオリティー高すぎ!

グッズ化したいレベル⋯(嬉)

 

サッカークラブの卒業記念だからといってサッカー用品を送る、というのがいかにもベタでやりたくなかったので、

6年生達には本を贈ろう、と思った。

物は消費されてしまうし、いずれダンボールの底に入ってしまうかもしれないけれど、本ならば、読んでくれたならば、そしてそれが心に響いたとしたならば、きっとそれは一生、心に残る。

「あの時、久保田さんがくれたあの本が忘れられない」

ってもし大人になった時に言ってくれたならば、これほど嬉しいことなはい。

f:id:neutralfootball:20200322211331j:image

6年生達に送ったのは、鴻上尚史さんの「空気を読んでも従わない」

 

これから中学生となり、様々な人の中で生きていく彼ら彼女らに送りたいメッセージそのものだった。

周りの空気に流されず、何でも素直に従わないこと。自分の意思と対話すること。

同調圧力に負けないこと。

「和して同せず同じて和せず」と、孔子も言っている。

 

うちでサッカーをしてきたことで、その中で伝えてきたことと根底は同じ。

だからきっと、この本の内容はスッと胸に入ってくるんじゃないかな。

 

ちゃんと読んでくれれば⋯だけどな!w

決して、ブックオフに持って行かないように。

 

ということで、6年生達お疲れ様でした。

うちのジュニアユースで続ける子もいればそうでない子もいるけれど、自分の意思だけは強く持ちながら、魅力あるフットボーラーに、そして周りの人達を惹きつける、ステキな「人」になって下さい。

 

あ、まだ練習あるけどね。

 

#We can be adlibler

#僕らはアドリブラーになれるんだ

#Design

 

ジュニアユース2020年度新入団選手募集中です。

詳細・お申込みはHPから

https://www.footballnavi.jp/lobos/

 



意外と近い⋯! ジュニアユース選手募集中です

f:id:neutralfootball:20200319200736j:image

 

【 ロボスフットボールクラブ・ジュニアユース 】

久保田のコーチ仲間の皆さん、知り合いの方々、まだ面識ないけど久保田のことは一方的に知ってるよ、というコーチの方々⋯
身近に、まだ進路が決まっていない選手がおられましたら、、


「一回、ロボス行ってみな」と、お声がけして頂けたら幸いです。

 

心、動かしてみせます。

 

普段の練習場所は、最寄り駅がJRの東戸塚駅です。
相鉄線二俣川駅からも来れます)


東戸塚横須賀線湘南新宿ラインが使えますが、路線図をナビしてみると⋯


品川から31分
武蔵小杉から20分
新川崎から17分


鎌倉から16分
逗子から20分


ということで、横浜市以外からでも、案外近いんやで!
もちろん『横浜から8分』なので、他方面からでもアクセスは良いです。


未だ進路が決まっていない6年生、部活と迷っている6年生、、
一度、練習を体験しに来てみませんか。


Liveのような練習、ジェットコースターのような練習を、お約束します。

 

詳細はクラブHPから
https://www.footballnavi.jp/lobos/


# We can be adlibler
# 僕らはアドリブラーになれるんだ
# Design