LOBØS LOGOS 〜 adlibler’s diary

変幻自在、自由自在に。横浜市で活動している、ロボスフットボールクラブのオフィシャルブログです。

【JY】大事なことは、選手が教えてくれる

f:id:neutralfootball:20190418160544j:image

4月15日(月)JY(ジュニアユース)

ロボス・ラコリーニャス トレーニング。

 

最初に行うゲームは人数を3チームに分けて1チーム休みながらというローテーションでやったのだけど、どうも判断が遅く準備も悪く、繋がりもない。

なのでまぁいくつかのことを指摘したり問いかけたりという流れになったのだけど、その後にドリ練やヘディングゲームなどを挟んだ後、最後に3チームではなく2チーム分けにして人数多め、スペースもない状態でのゲームを。

フットサルコート一面よりやや広いくらいのスペースでの、8v8。

 

当然、スペースが狭くなるわけだから余裕もなくなるしボールが来た時の時間もなくなるから、最初のゲームよりもさらに雑になってガチャガチャしてしまうのかなと思っていたんだけど

 

全くの逆で

さっきよりもスペースもゆとりも明らかにないはずなのに、相手の寄せは見えていて巧くいなせてるし、狭い局面をグループで巧く早く崩せてるし、相手ラインの高さ次第では、裏へのスルーパスも狙えてるし実際に通せてるし。

局面局面でのアイデアとアドリブと身のこなしが、最初のゲームをやっていたのとはまるで別人の集まりかのように、次々にすいすいと局面をすり抜けて相手を崩していく。

守備の寄せも、夢中になってるぶん、さっきよりもめちゃ速い。

 

あぁ、気づくの遅すぎた。申し訳ないことした…と、思ったわけです。

つまり最初のゲームはスペースに余裕があったから時間にも余裕がありすぎて、そりゃ早く判断する必要もなければ味方同士が早く繋がっておく必要もない。

狭い局面も少ないから、あえて何か工夫するまでもない。

そりゃ、遅くなるわなと。

 

対して今、目の前で繰り広げられている最高に面白いフットボールは、スペースがない、時間もない、余裕を持って前を向ける場面なんて、まずない。相手の寄せも速い。

だからこそ、相手がいるから咄嗟に動けてる。相手の足が見えていて、それに対して考える間もないままに、みんな、体が勝手に動いてる。

大事だからもう一回言っとく。みんな「咄嗟に」動けてる。

 

相手よりも先に動ける早さ、相手よりも先にボールに触れる位置にいることで生み出せる早さ。これはドリ練と「頭の中」に刺激をぶつけ続けた成果。

相手の寄せが速ければ速いほどに彼らはそれを利用してそこをすり抜け切り抜け崩していけるまでに、技術とアイデアと味方との繋がりが頭と体と感性に染みついてきてるんだということに、この日初めて気づいたわけです。

遅いなー、気づくのが。ダメなコーチだ俺は。

 

だから、最後に彼らに謝りました。ゴメン、反省してるって。

みんな、すごく巧くなってるよなって。

相手のいるところで何ができるか、が巧さの指標。それが、この日彼らが最後に行った狭い大人数のゲームで、見事に表現してくれてた。

ドリとスルーパスと3人目とスルーとワンツーとミラーと急なストップをうまく織り交ぜながら、わー、このゲームずっと見ていたい、これならお金取れるぜ…ってゲーム。

 

ある1年生は、ゴール前の狭いスペースの中、ダレッサンドロの代名詞「ラボバ」(ググれ)のモーションで、いきなりのシュート。つまり足をボールから下ろして地面を蹴ったその反発力を使って、ノーモーションでシュートを打った。あんなことするヤツ、コーチ人生で初めて見たもん。

もちろん本人無意識。一切考えてない。だから最高なの。

それくらい咄嗟に動けるしなやかさと身のこなし、そしてそれを表現できる技の引き出しが増えているということ。

 

選手達が何を求めているのか、選手達が今どういうことを練習したいと思っているのか、選手達が今どれくらいのことが出来て、どれくらいに自信を持ち、そしてまだ出来ないことはなんなのか。

それは全部、選手が教えてくれる。

 

コーチがやりたい練習ではなく、今、目の前にいる選手達に対して「やった方がいい」練習を夢中でやらせることができるコーチが、本当の良いコーチなんだろうなと、、

それも、この日の彼らから改めて教わったのでした。

 

日々、気づき気づかされ、反省と自己嫌悪と喜びの毎日。

それも全部、選手のおかげだ。

2年生@川崎 〜 諦めないこと

f:id:neutralfootball:20190415165426j:image

春です

 

4月14日(日)

LOBØS・2年生 vs バオムSC川崎

日本精工健康保険組合鷺沼グランド)

 

いつもお世話になっているバオムSC川崎さんにお呼ばれし、2年生たちが川崎までお出かけ。

バオム・前村さん、いつもありがとうございます!


f:id:neutralfootball:20190415165433j:image

今日の監督はこのお方。

子どもたちの仕切りは早貴コーチに全て任せ。子ども達にとっても、今はその方がいいだろうし。

 

試合は…その後に6年生の試合があるらしく、それ用のサイズでピッチが作られていたので、正直、うちの子達にはハードな設定でした。なおかつ相手にはデカくて早い子がいっぱいいたし…

その点は、ちょっとうちの子ども達にとってはミスマッチだったかな。

 

でもそれを差し引いても、

自分のそばにボールがある時は真っ先に自分が行く!

とか

相手が抜け出そうとしているなら諦めずに最後まで追いかける!

といったような姿勢は、もっともっと見せて欲しかったけれど。

 

ある1人の子が、顔を真っ赤にしながら最後まで相手を追いボールも追い…と一人でずっと奮闘をしてくれていたけれど、彼のそんな姿を間近で見て「トモダチとして」他の子達が、何か感じ入るものがあればいいのだけれど。もう2年生だし、そんなココロの部分にもアプローチしていきたいい。

 

まだ試合経験もそんなにない子達なのである程度は仕方ないけれど、普段の練習の時とは明らかに表情も仕草もプレーも別人のように縮こまってしまう子が多かったですね。なんでだろ。

 

解散時に「諦めないこと」の大切さとその意味を、あの子達には話しておきました。

伝わっていればいいなぁ。

 

番外編 〜

開始前、「今日は早貴コーチがみんなの監督だからな。ちゃんと《監督》って呼ぶんだぞ」

と冗談で言っておいたんだけど 笑

試合後、ある子が今にも泣きそうな顔で

「カントク…着替えがないです…」と早貴コーチに言ってたのが、今日のハイライトでした。

これからずっと監督って呼ばせようかなw

 

3年生@町田 〜 次から次へと湧き出てこい

4月13日(土)

LØBOS・3年生 vs FCトリプレッタ鶴川

(野津田公園サブグランド)

 

f:id:neutralfootball:20190417175819j:image

3年生。町田ゼルビアのホームスタジアムのすぐ横で、FCトリプレッタさんとのゲーム。

トリプレッタ・三比さん、ありがとうございました!久しぶりに会えて嬉しかったです。

 

f:id:neutralfootball:20190415165350j:image

案の定、いつものように最初の1本目は場に(広さや相手の特徴)慣れずに苦しんで良くなかったけれど、やること整理して、一個のボールには一人ずつ順番に行く、奪われたり抜かれたりした後にすぐ拾える距離にいてそれを味方同士感じながらやる、ということができてからは、良いフットボールができてましたね。特に3本目は見事だったなぁ。

奪われても引っかかっても次から次へと2人目3人目が湧き出てきて拾いまくってまた仕掛けて繋いで…というような、スエルテ時代から続くクラブの源流スタイルみたいなものを、久々に思い出させてくれたような。

 

そう、変にポジションを決めてカチッとハメてやるよりも、上述したようなモデルを共有しながら「あとの細部は個々のアドリブでよろ」くらいにやれば、自然に広がるし自然に出足は良くなるし、自然に味方同士で繋がるし、アイデアも出てくる。そういうもんですね。


f:id:neutralfootball:20190415165347j:image
Gooooal !!

 

他クラブから移籍してきて今日が初の試合、そこでいきなりゴールを決めた子もいたり、普段なかなか決められないけど「ドカーン」とゴラッソを決めた子もいたり。

 

ちなみにそのゴラッソを決めた某男ですが

「よっしゃ1点決めた、よっしゃ1点決めた…!」とずっと独り言のように呟いてて調子乗って守備してなかったので、すぐに交代させたけどw

 

そんなこんなも含め、楽しい一日でした。やっぱりこの子達ポテンシャル凄くある。ここからの一年でどれだけさらにブレイクするか楽しみ。

日替わりヒーローが、毎回毎回現れたらいいな。

 

新年度スタート・その2 〜 ファーストタッチからサッカーをする

f:id:neutralfootball:20190415165031j:image

4月9日(火)園児もスタート〜

 

この日から園児クラスも始まり、これで全カテゴリーが通常営業へ。

旧・年長さん(つまり新一年生)が抜け、これから新しい仲間が入ってくるまでは少し寂しい人数だけど、それでも、今日も変わらず楽しかった。

そしてこれからも、きっと楽しくやっていけそうです。


f:id:neutralfootball:20190415165027j:image

自分のことは全部自分でやる。この子達にとっては当たり前の感覚。任せれば、必ずできるのだ。
f:id:neutralfootball:20190415165022j:image


f:id:neutralfootball:20190415165044j:image

新・U-8。なんか新鮮!そして良い雰囲気。

 

その後は新・U-10。新3年生達が暗い中でやってる姿が、やっぱり新鮮でしたw

 

ファーストタッチ目からサッカーをする」がテーマ。

何の狙いもなくとりあえず止めて、2タッチ目から「さて、どうすんべか」とばかりにサッカーしてたんじゃ遅い。

ファーストタッチで、◯◯をする」この◯◯の部分を、各自が状況において選んで狙いを持ってサッカーをしようねと。◯◯は、なんだっていい。

ファーストタッチで、相手を騙す

ファーストタッチで、スルーパスを出す 

ファーストタッチで、抜く

とかとか、なんだっていいのだ。

 

ってやっていくと

事前の準備が必要になるから、ボールばっか見てる暇はなくなり、自然に、おのずと広がってプレーするようになってくる。ついこないだまで、団子サッカーをしてた子達が。

f:id:neutralfootball:20190415165040j:image

こんな感じに

ゴールデンエイジ突入の予感です。


f:id:neutralfootball:20190415165035j:image

ここ連日遊びに来てくれてる卒業生達。

上がタイト(高3)で、下がコウスケ(高2)

 

斜に構えず、こうやって子ども達を相手に一緒に遊んでくれる。こういういいオトコになって帰ってきてくれるの、本当に嬉しい。

 

こんな感じで

新年度、とりあえずいい感じでスタート切れてます。

U-10 〜 新年度初試合

f:id:neutralfootball:20190415164847j:image

小学生、新年度最初の試合はU-10から!

 

4月7日(日)

LOBØS・U-10 vs 鶴川ブルファイト

(町田市立鶴川第二小学校)


f:id:neutralfootball:20190415165709j:image

何かいいことありそうな予感

 

町田の鶴川ブルファイトさんから呼んで頂き、町田まで。

4年生に3年生を数名加え、新・U-10として新年度最初の試合をしてきました。

行く途中、桜がすごく盛大に咲き続けてるスポットが。綺麗だったなぁ。車を停めて花見したかったぜ。

 

試合、いっぱいゴールできたけれど、その影響で、逆に途中から雑になってしまう部分も多々あり。

小学生だしそういう粗さや幼さも魅力のうちだし仕方ないけれど、フットボーラーとしてのあるべき振る舞いとマインドのところは、少しだけ締めるように伝えながら。鉄は熱いうちに打て、です。

 

鶴川ブルファイトさん、ありがとうございました。またお願いします。

 

以下、早貴コーチ撮影の画像でお楽しみ下さいませ!


f:id:neutralfootball:20190415164854j:image
f:id:neutralfootball:20190415164908j:image
f:id:neutralfootball:20190415164843j:image
f:id:neutralfootball:20190415164858j:image
f:id:neutralfootball:20190415164914j:image
f:id:neutralfootball:20190415164851j:image

f:id:neutralfootball:20190417173849j:image

f:id:neutralfootball:20190415165622j:image

ほのぼの
f:id:neutralfootball:20190415165618j:image

【JY】丘の上に立った狼たち

f:id:neutralfootball:20190415164705j:image

ここからスタート。思い出深い一日。

 

2019年4月6日(土)

【ジュニアユース】

ロボスフットボールクラブ・ラコリーニャス

『 第54回横浜市長旗杯 』

(長坂谷公園)


f:id:neutralfootball:20190415164710j:image

1回戦 vs FC緑


f:id:neutralfootball:20190415164652j:image

 

ジュニアユース立ち上げ2年目、今年度から公式戦にも参戦できるようになり、その皮切りとしてまずは横浜市長旗杯へ。

相手は老舗の強豪、しかも3年生。
うちは2年生6名と新1年生10名の計16名で高い壁への挑戦。


その場では埋められないフィジカルの差に関しては、それはもう仕方ない。
速さ、強さ、デカさはその場で覆すには無理な話で。


でも、速さではなく【早さ】ならば誤作動を起こせる。相手よりも【先に】観ておく早さ、相手よりも先に考えておく早さ、そして相手よりも先に動いておく早さ。
サッカーで大事なのは早さ。ここの意思統一は、事前の練習から準備していました。


それに加え「相手を遅くするにはどうすればいいか」というところの意思統一も。
あえてゆっくりやりながら、ミラーパスを交えて左右と斜めにボールを動かし、のらりくらりとドリブルを交え、相手の目を揺らす。目を揺らさせて姿勢を揺らさせて、相手を船酔いさせよう、と。そしてどこかでオセロをひっくり返す。

この日のゲームプランは、そんな感じでした。


f:id:neutralfootball:20190415164656j:image

相手はkickoffからフルスロットルで来てくれました。こちらが1.2年生しかいないというのは相手もわかっているから、ひょっとしたら舐めてくれるかなと思ったけれど、そんなことは一切なく。こちらが1.2年生だろうと、公式戦初試合だろうと、そんなの関係なく、最初から真剣勝負のフルパワーで来てくれて。勝敗とは別にして、その姿勢はとても有り難かったです。


f:id:neutralfootball:20190415164648j:image

ずっと攻め込まれ続けながらも、前半なかばまでは耐えて凌いで、なんとか0-0。これ前半ゼロでいければベストやな…と思いかけたところに、最初の失点。そこから、試合は一気に動き進んでいったのでした。


f:id:neutralfootball:20190415164715j:image

前半0-4、後半0-12、計 0-16。こちらのシュートはゼロ。これ以上ないくらいの完敗。


完膚なきまでに叩きのめされたけれど、でも、手を抜かずに執拗に襲いかかってくる相手に食らいつきながら、最後まで試合を諦めず、繋ぐことを諦めず、遊び心とプライドを保ちながら、記念すべきデビュー戦を、楽しみながら戦ってくれたと思います。あれだけ圧を感じてるのに、あれだけ後ろから繋ごうとするとは思わなかった。選手達のあの姿勢は、とても誇りに思います。

 

そして普通あれだけ差がつけば途中から緩くなり手を抜くチームも多いのに、上述したように、この日対戦したFC緑さんは最初から最後まで、フルパワーで我々を迎え撃ち、真剣勝負を貫いてくれました。最初の公式戦の相手が、このような良い相手で本当に良かったです。


応援して下さった皆様、FC緑さん、ありがとうございました!


f:id:neutralfootball:20190415164701j:image

 

ロボスフットボールクラブ・ラコリーニャス

ロボは、スペイン語で【狼】そしてラ・コリーニャは、スペイン語で【丘】

つまり【丘の上に立つ狼】という意味を込めて、この名をつけました。

 

立ち上げから1年を経て、ようやく丘の上に立った狼たちの物語が、ここから始まる。

次は、ついにクラブユース選手権。
その試合を終えた後に、昨年の立ち上げからここまでの道のりを、じっくり振り返りながら書こうと思ってます。

 

#ロボスフットボールクラブ
#丘の上に立った狼たち
#デビュー戦

#Design
#ヨコシマな遊び心
#WCBA
#僕らはアドリブラーになれるんだ

 

新年度スタート。いろんな人に感謝

f:id:neutralfootball:20190415164555j:image

4月5日(金)金曜練習から2019年度がスタート。

 

ジュニアユースはひと足早く3日(水)から活動を始めていたけれど、小学生はこの日からスタート。

金曜が練習日じゃない子も今日だけは来ていいよということにしたので、いつもよりも少し賑やかな感じで新年度のスタートが切れたかな。


f:id:neutralfootball:20190415164547j:image

年度始めなので、ゲーム三昧に。

f:id:neutralfootball:20190415164552j:image

 

別会場で行うジュニアユースの練習に向かうため、あとは早貴コーチに任せ、久保田は先に抜け。


f:id:neutralfootball:20190415164601j:image

やんちゃ達を取り仕切る早貴さん。彼女もだいぶコーチらしくなってきました。

彼女がいてくれて、ホント助かってる。


f:id:neutralfootball:20190415164606j:image

ジュニアユースの練習前に、糸島(福岡県)で3月に再会した有坂さんからもらった、うちの選手達への動画メッセージを彼らに見せ。熱く優しいメッセージに、さすがの彼らも途中から黙って食い入るように見入っていた。

有坂さん、本当にありがとう。

 

f:id:neutralfootball:20190415164609j:image

そしてその夜

一年前、ジュニアユースのある保護者の方から「事務所開きのお祝いに」と頂いたこのお酒を一人で開け、しみじみ呑んだのでした。

「あぁ、なんとか今年も始められた…」と。

 

皆さま、今年度も宜しくお願いします。