LOBØS LOGOS 〜 adlibler’s diary

変幻自在、自由自在。横浜市で活動している LOBØS(ロボス)のオフィシャルブログです。

「拘りと貫き」がもたらしたもの

f:id:neutralfootball:20200120173521j:image

(画像は NHK  NEWS  WEB から)

1月11日の夜に行われた、U-13リーグ。

こちらの想定以上に選手たちの試合の入りが素晴らしく、マインドやテクニックの使い方も素晴らしいもので、技巧派の相手に対し真っ向から対峙して勝ち切ったゲームだった。

 

 

ブログにも書いた通り、こちらから何かハッパをかけたり檄を飛ばしたりしたわけではないのだけれど

少しだけ

実はこの試合前に、車の中で彼らと一緒に観てた高校サッカー準決勝、静学について話をした。

 

ペナ幅に11人全部が入るほどに真ん中をガッチリ固めた矢板中央の守備(これはこれで美しかった)をなかなか崩せず、後半終了間際まで0-0。

でも静学は急いでロングボールやクロスを上げることもなく、ひたすらドリブルと局面の崩しに拘って、パスコースがないならば「ヒョいっと」浮かして狭い相手の間の空中を通そうとしてまでも「崩す」ことを貫き通した。

 

その拘りを捨てなかったことが、アディショナルタイムでのPK獲得に繋がった。

 


静岡学園vs矢板中央

 

全国高校サッカー準決勝のアディショナルタイム。全国放送もされていて、大観衆の中。このプレーが終われば試合終了でPK戦になる。

あの状況で、レフェリーもなかなかPKの笛を吹けないですよ。

でも、あの松村君がみせた渾身のドリブル。矢板中央の選手も足を出すしかなかった。そこに引っかかっての転倒。そのまま流してもきっと誰も文句は言わなかったと思うけれど、レフェリーは笛を吹いた。

 

勝手な想像だけど、きっと「吹かずにはいられなかった」んじゃないかって思うんです。

 

愚直でひたむきなプレーやマインド、ハート、人を魅了するテクニック、その拘り。

それはきっと人の心を動かす。あの時あの瞬間、あのドリブルと、そしてそれまでに静学がずっと繰り返し貫き通した姿も重なって、あのレフェリーの心を動かした。

僕は、そう思います。もちろんあのレフェリーの方は「ルールに基づいて吹いただけです」と言われるのかもしれないけれど、少なくとも僕はそう感じて、試合前のうちの選手たちにも、そんな話をした。

 

貫くことが、人の心を動かすんだと。

 

2日後の決勝戦、同時刻にまたリーグ戦だったからリアルタイムでは観れなかったけれど、王者・青森山田に対して0-2からの大逆転優勝。この決勝戦も、あの「貫く拘り」が青森山田の選手たちの屈強な盾を、揺り動かし最終的に破壊させたのだと思う。

そしてこれは言うまでもないのだが、静学はその拘りを最大限活かすために、守備への切り替えやフィジカル面でもハイレベルな準備をしていたこその、優勝だった。

 


青森山田vs静岡学園


自分で言うのも何だけど、指導者としての「拘り」を、ずっと持ちながら選手たちと接してきた。

 

・・・

つもりだった。

 

でもここ数年、思うところあって自分は「拘り」という言葉を使うのを少し敬遠するようになっていた。

「拘り」って聞こえはいいけど、それ、一歩間違えれば指導者の好みの押しつけだし、実際そんな中途半端な人が周りにもたくさんいるじゃんかと。そんな人たちと一緒にされたくないよ、って。

今思えば、かなりカッコ悪い。

 

指導者の好みはひとまず心にしまって、育成年代の選手にはあらゆることをアベレージ高く教えなきゃ無責任じゃないか、とも思ってた。

もちろんそれはその通りなんだけど

でも

ここ1〜2年、特にこの1年の間、自分の考えがグルっと一周して、拘ることの大事さ、そしてそれを公言することの大事さを、強烈に痛感している自分がいるんです。

 

もちろん、サッカーに必要なことを教えることは絶対に大事。でも、それと並行して何か一つ「他とは違う強烈なスペシャル」に対し拘りを持ち、そのスペシャルを選手たちが誇りに思い、自信を持って「勝つための方法」として表現していくこと。

それを美しいと思う感性が、僕はやっぱり捨てられなかった。

 

好みなんて生半可なものじゃない、強烈な拘りを持ち、それを選手たちに「自分らの誇り」として伝えられる指導者が、名指導者なのだと思う。

あの方も、あの方もそうだ。

 

こういうこと言うと最近は『ロマン派』などと嘲笑されたりもするのだけれど、人間、ロマンと理想を捨てたらおしまいじゃないか。

 

そしてそれは、決してサッカーに限ったことじゃない。

そんなことも、選手たちにはテクニックや戦術と並行しながら毎日伝えていきたいし、口だけでなく、身をもって伝えられる人になりたいと思ってる。

 

「じゃぁ、お前が拘ってることって何やねん」

と言われると思うので、次回、自分の拘りについて書こうと思います。

嬉しい練習試合

f:id:neutralfootball:20200120174207j:image

1月19日(日)

LOBØSジュニアユース・U-14

vs 橘中サッカー部

横浜市立橘中学校)

 

うちの選手達も数名通う、地元の橘中学校さんに呼んでもらってのゲーム。スエルテ時代のOB・ジョー(クラブ5期生)がコーチをしている縁もあって。ジョー、ありがとね。

 

さらにうち出身の子3名もこのサッカー部にいるので(中2)

ゲームを観ながら「あぁ、変わってないなぁ」(いい意味で)と、しみじみ懐かしみながらの時間。

 

ゲーム中、うち出身のある子がパスを失敗した時、思わず無意識に「惜しい…!」って言っちゃう自分がいたり。これには自分でビックリした。情が移っているというのはこういうことなんだろかと。それとも、昔の時間が一気に蘇ってきたからなのかな。

 

まぁどっちでもいい。

彼らはいつまで経っても「うちでサッカーを始めてくれた」大切な選手なわけだし。

 

さて

でも今は『LOBØSジュニアユース』として来てる。目の前にいるLOBØSの選手のために本気にならないとね。

と言いつつ、この日も選手たちが自主的に全てやってくれていたので自分の出番はあまりなし。今練習したいことを彼らが試合の中でしっかり意識し、それにトライをし、試合の中でさらに成長することができたグッドゲームでした。

終始ボールを握り、内容もとても良く、意図的な崩しからゴールも複数取れていたし。

 

実際にこの2年間うちから離れて違う場所でサッカーをやってきた彼ら3名も、うちでやってた頃のサッカーをきっと思い出してくれたんじゃないかな。

だったら良いな。

 

そう思えるようなフットボールを、LOBØSの選手たちが存分に表現してくれていた。

僕は、それが嬉しかった。

 

またやれたらいいな。みんなありがとう。

 

#ジュニアユース2020年度新入団選手募集中です。詳細・お申込みはHPから

https://www.footballnavi.jp/lobos/

寒い日はサッカーするの禁止!

f:id:neutralfootball:20200118172313j:image

1月18日(土)

雪の中、レコスリーグ。画像はU-8

(ドイツ学園)

 

午前にU-8、午後にU-10。

とにかく地獄の寒さ。きっと地獄ってこういうことを言うのだろう(泣)

人間、寂しさと空腹の次に寒さが辛いということを、この日初めて実感した僕でした。雪国の人、マジで尊敬する。

 

ベンチにテントが設置されていても、雪が斜めに入ってくるから意味がないw

こんな日に試合しちゃいけないですね。健康に悪いし、子ども達、そのうちサッカー嫌いになっちゃうよ。

 

というわけで午後のU-10は写真すらありません。ご容赦を。もうそれどころじゃなかったんだから(寒)

 

解散した後、車の中で暖房ガンガンにつけてしばらく放心状態、運転する気がまるで起きなかった。それほど、気力体力を奪われた地獄の寒さだったのだ(極寒)

 

いい天気の日にしかサッカーしちゃいけない法律つくろうぜ!

 

なんて勝手なこと言ってますが

こんな寒い中、テントやベンチの準備をほぼ一人でしてくれたのであろうレコスのMさん…

本当に本当に、ありがとうございました。

メッシはドリブラーか否か(園児動画もあるよ)

1月14日(火)

恒例、園児シリーズ w

 

f:id:neutralfootball:20200118190101j:image

この日不在の早貴コーチ役をやりたくて仕方のない人


f:id:neutralfootball:20200118190106j:image
サッカー始めたて、まだビブスの着方がわからない子に手を差し伸べる5歳男性。

こうやって、自然に成長してくんだな


f:id:neutralfootball:20200118190109j:image

作戦タイム。


園児の作戦タイム

向こうで待つ、グレーチームのヤジがウザい w

 

f:id:neutralfootball:20200118190234j:image

1月16日(木)

U-10 & U-12。

ゲームは1v1大会じゃない。味方と強力して、味方を利用し利用されて、味方を感じながらやるのがフットボール

その「頭」がついてきていない選手は、ボールが主役のコネコネ…いや、単なるわがままゴネゴネサッカーになってしまう。

 

小4、小5くらいはその分かれ道。頭がアップデートしてる子はプレーが早くなってるし、まだその頭に自分で切り替えられない子、しようともしない子のプレーは、この中でとても遅く感じてしまう。味方と繋がれない。

 

ドリブラー大歓迎。でも、ドリブルしたいならもっと味方を利用しなさいよ、もっと味方と繋がらないと、もう一人も抜けなくなるよというお話。本当の意味でのフットボーラー、アドリブラーには、到底なれません。

 

そしてこれは彼らに何度も言ってるけれど「メッシはドリブラーじゃない」

これは、本当にそう。

メッシは世界一のパサーで、世界一のレシーバーで、世界一のフットボーラー。

 

こんなことを、いつも伝えながら練習してるんです。

 

ジュニアユース 〜 体験練習会実施のお知らせ

f:id:neutralfootball:20200115212244j:image

ジュニアユース・体験練習会を実施します。

未来のアドリブラーたちの、たくさんの参加を待ってます。

 

両日とも、久保田がトレーニングを担当します。どんなもんか自分の目で確かめてから選手に薦めたい、という指導者の方の見学も大歓迎です。

 

詳細・お申込みはHPから!

https://www.footballnavi.jp/lobos/

 

リアルは試合でこそわかる

f:id:neutralfootball:20200118172346j:image

1月13日(成人の日)

LOBØSジュニアユース・U-13

神奈川県・U-13リーグ

(神明台スポーツ施設)

 

三連休最後の日はまたもU-13リーグ。

相手、でっかい…速い…

あちゃぁ。こりゃ大変だと思ってたら案の定、最初からガンガン押し込まれたんだけど、その波状に簡単に呑み込まれない逞しさの片鱗がチラり。うまくしのぐ時間が続いてるうちに、こちらが先制してしまった。

2日前のU-13リーグでもゴールした彼の、2戦連続先制ゴール。あいつ最近ノッてきてるんだろうか。

 

しかし結果的に見ればこの先制ゴールがかえって相手のスイッチを押してしまったようで、前半のうちにひっくり返され1-2、後半も2点追加されて1-4で敗戦。

ボールを奪った際、相手の圧力を前にして余裕がなくなって、前方向にしか送れない、前方向にしか運ぼうとしないというシーンが続いた。

なるほど、これくらいの圧力に接するとまだこうなるのか、という指標は試合でわかる。もうちょっといなせる、スルスルっと回避しながら崩していけるようになっていけるかなと思ってはいたけれど、どうやらまだ、その域にはもう少し足りなかったみたい。

もっと練習だ。

 

繰り返すが、そういうリアルは全て試合でわかる。だから試合で練習する。だから、試合は有り難い。

最後まで真剣に向かってきてくれる好チームも、本当に有り難い。YTCさん、ありがとうございました。

 

f:id:neutralfootball:20200118190005j:image

兄の応援に来たけど、双眼鏡の使い方を本気で間違えている人

(9歳男性、LØBOS・U-9所属)

 

#ジュニアユース2020年度新入団選手募集中です。詳細・お申込みはHPから

https://www.footballnavi.jp/lobos/

翼が生えた〜U-12県大会

f:id:neutralfootball:20200116160440j:image

2020年1月12日(日)
LOBØS・U-12
「日産カップ・神奈川県少年サッカー選手権」(座間市立入谷小学校)


ジュニアカテゴリー、今年最初の試合は、この時期恒例の県大会から。

 

f:id:neutralfootball:20200116160501j:image
f:id:neutralfootball:20200116160458j:image
1回戦は6-0で勝利。

 

その後、やはり1回戦を大差で勝ち上がってきた相手との2回戦。

f:id:neutralfootball:20200116160525j:image
f:id:neutralfootball:20200116160529j:image


サイドからの速い攻撃を主とする相手に押し込まれる時間が続く中、次第に選手たちがゲームに良い意味でのめり込み、相手と自信を持って対峙するように変わってく。

ハーフタイム。選手交代のやりくりを悩んでいたら、某5年10番が画期的なアイデアを。あー、その発想はなかった。それいい…!

と、ちゃっかり彼のアイデアを採用させてもらっての配置転換。

なんかすごく嬉しかった。選手がコーチを超えた瞬間だったかもしれない。

あいつやっぱり天才だ。


後半も一進一退のヒリヒリ感満載のゲーム。そんなゲームを、会場全体が固唾を飲んで見守ってる感じも最高だった。

 

こちらの声を待たずに自分たちでコーチングし合いながら猛攻を防ぎ続ける姿。4年GKのビッグサーブも飛び出して(合宿の成果!)

あぁこれたぶん失点はしないぞ、あとはゴールもぎ取るだけだよと、点を取るための選手交代をするだけがこちらの仕事になっていく。お茶を濁すためのアリバイ的な出場ではなく、本当に戦力として、全員を投入した。


サッカーを始めてまだ一年足らず、左利きでスピードスターの彼女が左サイドをぶち抜いてからスイッチのような形でエグって突破し決定機をつくるも、シュートは惜しくも外れ。。


結局0-0でPK戦へ。1人外してしまい、残念ながら次週に進むことはできず。
2試合無失点で敗退って、なかなか悔しい!


でも
彼ら彼女らがあそこまで主体的に戦う姿を、僕は初めて見た。そしてそのプレーで会場を沸かせ、大いに楽しませてくれた。
 
最後の県大会で翼が生え、あれだけの羽ばたきを見せてくれた選手たちを、僕は心から誇りに思います。本当によくやった。

 

f:id:neutralfootball:20200116160554j:image


6年生は卒業まであと2ヶ月。けど、まだまだ巧くなる。このままうちのジュニアユースで続ける子もそうでない子も、もっともっと、サッカーの楽しさを一緒に知っていこうよ。


対戦して下さったチームの皆さん、応援して下さった方々、ありがとうございました。