LOBØS LOGOS 〜 adlibler’s diary

変幻自在、自由自在に。横浜市で活動している、ロボスフットボールクラブのオフィシャルブログです。

クラブは彼らのもの

9月、ある日のこと


この日の練習、クラブ卒業生の早貴がまた来てくれて、練習を手伝ってくれた。
彼女は小学校の先生になるために大学で勉強しているのだけれど、今現在、すでに自らの出身小学校にボランティアで毎週行っていて、子どもたちと関わってる。


で、その小学校に通う子達がうちのクラブにも多く在籍してるので、さっき学校でも会って、夕方はグランドで会って…という関係性も。


今その小学校は運動会練習の真っ只中で、低学年の子たちは揃ってダンスを練習しているらしい。
この日の練習前、ある1年生の男の子が、そのダンスを早貴に見せていた。練習した成果を見てほしかったのかな。


僕はその時、ダンスを踊る彼ではなく、それを見守る早貴のことをずっと見ていた。
彼女とは10年以上の付き合いになるが、今まで見たことのない、初めて見る顔をしていたから。


その時の彼女の顔は、すっかり「先生」の顔だった。
放っておけない生徒のことを心配そうに見守る先生の顔、をしていた。


それを見て、あぁこいつ本当に大人になったんだなぁと、気づかれないように一人で感慨に耽る。
嬉しい感情と、もう大人になってもうすぐ本当に羽ばたいていってしまう寂しさ、みたいなものもきっと含まれていて
でもやっぱり、嬉しい感情のほうが大きかった。


ちょっとした風景だったけれど、なんだかとても印象的な顔、印象的な出来事だったのだ。
こんなことでいろんな感情が巡ってくるということは、俺も本当に歳をとったということなんだろうか。


そんなこんなで低学年の練習が終わり、その後始まった高学年の時間。
いつも通りに彼らが自ら集まって、ゲームを始めている。


そのゲームが、間違いなく近年イチのクオリティーで、数年ぶりの高揚した雰囲気とノリが溢れていて
サッカーを習いに来ていなく、教わりにも来ていない。そう、本当の意味でサッカーを「しに」来ている彼らが繰り出すゲームのクオリティーが、本当に本当に高かった。

f:id:neutralfootball:20180920170846j:image 
f:id:neutralfootball:20180920170844j:image

このゲームには早貴も混ざっていたけれど、彼女が小学生の頃のゲームが、毎回まさにこんな感じだった。


練習前に集まった者たちが自然に集まり少人数のゲームから始まって、だんだん人が増えていって
気づいたら練習開始時間はとうに過ぎているけれど、あまりの熱に僕はそのゲームを止めることが出来ず、そのままずっとゲームだけでその日の練習を終えることも多かったし、時には僕も一緒に混ざりながら、彼ら彼女らとの時間を心底楽しんでいた。


当時の子達のクオリティーは今から考えても相当に高かったんだけど、そのクオリティーを生み出したのは僕の練習ではなく、彼ら彼女らが自分たちで勝手に毎回始めていたあのゲームこそが、生み出したものだった。


あの頃の空気を、この日久しぶりに、本当に久しぶりに、思い出した。
そう思い出さずにはいられないほどに、この日の彼らのゲームは観ていて楽しくて、ゾクゾクして、ワクワクして、感動的ですらあったんだ。


先生の顔になった早貴の顔を見てウルっときて、高学年の子達が見せてくれたゲームを観てまた泣きそうになって
昔を思い出してまたウルっと来て
なんの因果か、そのゲームには成長した教え子が大人になって混ざってくれている。
昔からタイムスリップして来たみたいに、そこにいて。


そんなカオスな光景に、たぶん4回くらい泣きそうになった。


ただ単にある日常の練習でも、こんなに想いを巡らせることができる。毎日がドラマだ。


子どもたちはそれぞれ必ず卒業していって、新しい子達が入ってきて
そして卒業生たちが大きくなって戻ってきてくれて、大切なことを身をもって伝えてくれる。
そうして、クラブは続いていく。


自分がここから去っても、クラブだけは、何としてでも残していかなければいけない。
クラブは僕のものじゃない。今いる選手たちと、卒業生たちのものなのだ。


その理想形を見れた、幸せな時間だった。

 

【松永レポ】U-11 御殿場遠征 Day1

 

9/16(土) U-11

 

9/16~17でU-11クラスの御殿場遠征です。

日産労連ゆうらいふ御殿場カップ」に参加しています。

 

1日目のフォトレポートです

 

自分がどういう“想い”でピッチに立ち、どういう“想い”でプレーを選択し、実行しているのか。

 

今日は「闘争心」がキーワード

闘争心を燃やす

感情を高ぶらせ、血をたぎらせ、相手に向かっていく

どのプレーを選択してもそういうマインドでやれてるかどうか。

相手にそう思わせてるかどうか。

 

この闘争心を標準装備している2年生がウチにはいて、今回はその2年生2人も参加している。5年生相手、つまり3学年上の相手に対して臆することなく挑んでいってる姿を見せつけていた。

彼らにとっては当たり前の闘争心。つまり標準装備しているわけであって、何も特別なことではない。

 

そんな彼らの姿を見た4,5年の選手たちも、1試合目からは違った表情で、目の色を変えて闘っていた。

当然、試合内容も結果もついてくるというわけです。

 

上手いだけじゃダメ。

いろんな意味を含めた巧い選手に。

 

ということで結果は1試合目負けから、二連勝。

明日はグループリーグ最終戦からの、トーナメントです。

 

 

f:id:neutralfootball:20180916164856j:image
f:id:neutralfootball:20180916165958j:image
f:id:neutralfootball:20180916165810j:image
f:id:neutralfootball:20180916164504j:image
f:id:neutralfootball:20180916164501j:image
f:id:neutralfootball:20180916165947j:image
f:id:neutralfootball:20180916165911j:image
f:id:neutralfootball:20180916165807j:image
f:id:neutralfootball:20180916164458j:image
f:id:neutralfootball:20180916164834j:image
f:id:neutralfootball:20180916164853j:image
f:id:neutralfootball:20180916165926j:image
f:id:neutralfootball:20180916170001j:image  

 



f:id:neutralfootball:20180916164750j:image試合終わりで近くの駒門風穴へ(天然記念物)


f:id:neutralfootball:20180916165929j:image恐る恐る中へ


f:id:neutralfootball:20180916164901j:imageこの辺りでもうめっちゃ涼しかった!

f:id:neutralfootball:20180916165923j:image気分は探検隊。ディズニーランドとかにありそうなやつ


f:id:neutralfootball:20180916164845j:image小銭に群がる方々


f:id:neutralfootball:20180916164842j:image小銭を羨む方々


f:id:neutralfootball:20180916165952j:image

f:id:neutralfootball:20180916165915j:image暗すぎる集合写真


f:id:neutralfootball:20180916165935j:image
f:id:neutralfootball:20180916164507j:image
f:id:neutralfootball:20180916165858j:image漂うジブリ


f:id:neutralfootball:20180916164839j:image初めての共同作業


f:id:neutralfootball:20180916165908j:image


f:id:neutralfootball:20180916164849j:imageノースリーブで寒そうにしてた方


f:id:neutralfootball:20180916165938j:image
f:id:neutralfootball:20180916165902j:image
f:id:neutralfootball:20180916164510j:image
f:id:neutralfootball:20180916170012j:image

f:id:neutralfootball:20180916192211j:image
f:id:neutralfootball:20180916192202j:image

f:id:neutralfootball:20180916192157j:image
f:id:neutralfootball:20180916192208j:image

f:id:neutralfootball:20180916192205j:imageおやすみ!

クラブ卒業生たち、保護者の皆さんへお知らせ

【 クラブ卒業生、およびその保護者の皆さんへ 】

f:id:neutralfootball:20180919181140j:image

しんや追悼・スエルテ卒業生(その保護者の方々も)限定

サッカー広場 』のお知らせです。

 

皆さん既にご存知の方も多いかと思いますが、クラブ卒業生(8期生)の堀切伸哉さんが9月7日に急逝され、9月13日にお通夜、9月14日には告別式と初七日法要が執り行われました。


お通夜と告別式の場で、たくさんの卒業生や、当時の保護者の方々と再会できました。こんな形で一堂に会するのはとても残念なことなのですが、これも、誰からも親しまれた伸哉が集めてくれたのだと思います。


彼の意を汲んで、そして追悼の意味も込めて
しばらくやっていなかった『サッカー広場』やります!


スエルテ卒業生のみんな、そして当時の保護者の皆さん、是非、お集り下さい。


【 日程 】
10月13日(土)13-15時(旭スポセン)
10月30日(火)19-21時(旭スポセン)


【 対象 】
SUERTE juniors横浜・卒業生、およびその保護者の皆さん
(代は問わず。途中でやめた子も、もちろんOK!)


13日と30日、両日やります。
両日来られるならばぜひ両日、もちろんどちらかの日だけでも、ぜひ、参加して下さい。
参加費は要りません。


「追悼」とか銘打ってるけど、あくまでも楽しくやります。スエルテ卒業生で集まって、みんなでわいわいボール蹴りましょう。当時の保護者の皆さんもぜひ久しぶりに集まって、昔話に花を咲かせて下さい。


学年の代は問わないので、みんなどんどん拡散して下さい。
ヨロシクです!(久保田)

 

suertedream.pokebras.jp

 

6歳男性から救われる

この一週間、仕事でもプライベートでもいくつもの大きな出来事が一気に重なってしまい、正直なところ、心身が追いついていなかった。

 

コーチをする意味って何だろう、とも真剣に思う。たった一回の人生、サッカーコーチだけで終わらすなんてことは出来ない。ただそれを実行に移す決断と行動はもう少し先になるだろうと思っていたけれど、正直、このタイミングならばもういいかなとも思った。

 

そんな、コーチ辞めようかって思うくらい過去最大級に落ち込み気持ちがグラグラと横揺れしている時に、まるでそれを見抜いたかのようにサラリとこういうのを持ってきてくれる園児って、やっぱり天才なんだろうか。もしくはエスパーなのかもしれない😭

 

f:id:neutralfootball:20180919162127j:image

SNSなどで僕の近況を知った彼のお母さんが、気を利かしてくれたのかもしれないけれど。

 

どちらにしても、自分は恵まれてるなぁと思ったのでした。

6歳女性とのひととき

9月11日(火)

園児の時間、いつも僕を楽しませてくれる「天真爛漫」を絵に描いたような女の子が

「今日はサッカー休む」らしく。


部屋で帰りのバスを待っている彼女を見つけたので、窓越しに話し始める。

聞けば、お母さんが入院してしまったらしい。迎えに来られないとかその他いろいろ大変で、サッカーも休まざるを得ないらしい。

 

彼女「お父さんが、サッカーのある日だけ仕事休んでくれればいいのに」

僕「うーん、でもお父さんも仕事しないといけないし、大変なんだよ」


彼女「そっか」

僕「そうだなぁ」

彼女「思い通りにいかないね」

僕「そうだなぁ。人生、なかなか思い通りにはいかないんだよな」

彼女「そうなの?」

僕「思い通りにいかないことばかりで、俺も悩んでる」

彼女「コーチも大変だねぇ」

僕「楽しいことより、つらいことのほうが多いよ」

彼女「元気出して」


この会話でもわかる通り、彼女は本当に大人びていて、彼女との会話はいつも本当に楽しい。


そんなこんなで彼女との話に浸っていたら、いつの間にサッカーを始める時間になっていた。

気づいたら、そんな僕を尻目に他のサッカーの子達が勝手に集まって勝手にチームを分けて、勝手にゲームを始めてくれていた。もう最高だ。

f:id:neutralfootball:20180919161023j:image

f:id:neutralfootball:20180919161040j:image

サッカーを習いに来てない、サッカーをしに来ている園児たちの、高度な自主性。

 

おかげで、あの彼女とまださらに話し続けることができた。


僕「俺、早く結婚したいんだけど、どうしたらいい?」


彼女(6歳女性)

「筋肉つけて、あともう少し大人っぽくなればいいと思う」


今夜から腹筋やる。

人生なかなか思い通りにはいかない。つらいことも突然起こる。

でも、やっぱり人生楽しまなければいけないと、彼女から学んだのだ。

 

 

水を得た魚、解放されたポテンシャル

f:id:neutralfootball:20180910151218j:image

9月8日(土)

U-10 vs Locostyle FC、芦子SC

(境グリーンテクパーク)

 

Locostyle FCさんにお呼ばれし、U-10で秦野まで。

Locostyle代表の加治さん、そしてスタッフの丸山さんには、昔からとてもお世話になってます。

こうして、お互いを理解し合えていて気心の知れている同士の試合は、心が穏やかでいられるから嬉しいです。毎回こういう試合だったらいいのに。

 

いろいろ思うところもあり、この日は選手たちにほぼ全てを任せ、僕は少し引いた立場で彼らと関わりました。試合中も、丸山さんや加治さんと話しながら眺めたり。こういうの、ホント好き。

 

f:id:neutralfootball:20180910151236j:image

 

ベッタリがっつり子ども達に関わってお世話も焼き采配も全てこちらで!なんてやってしまうと、やはり余裕がなくなって子ども達一人一人を客観的に見られなくなったり、目に見えないその子の考えとか思いとか発想などを、見逃してしまうことの方が多い。

 

だからこの日のように一歩引いた立場で彼らと接するのが、今のところは一番いいかなと思ってます。

そしてその方が、子ども達も僕に依存することなく、任されたことを意気に感じてくれ、余計に力を発揮すると思うのです。

少なくともこの日の彼らは、まさにそんな感じでした。自信満々でプレーしていたし、こちらの予想を超える発想を、何度も見せてくれて。

4年生たち、本当に逞しくなりました。逞しくなったぶん、良い意味でゆとりも出てきてるよね。

 

試合を観ながらあんなに楽しくワクワクさを感じることが出来たのも、何だか久しぶりだなぁと。

それも、やはりLocostyleさんが創り出してくれた会場や試合の雰囲気のおかげもあるわけです。

加治さん、丸山さん、ありがとうございました!

 

この日はU-10という括り。いつも「U-10」は4年生に加えて3年生を3名招集して行くことが多いのだけれど、これまではまだ「お客さん」の域を脱していなかった3年生3名が、最近の成長ぶりを証明して、もうすっかり「主力」状態。遠慮もせず、年上相手にビビることもなく、自分の特徴をそれぞれ存分に出してくれていて、夏を超えて倍々スピードでステージを駆け上がったなぁと、改めて実感。これは本当に嬉しかったな。

 

さらに

その3年生たちに加え、この日は2年生からも2名、急きょ招集しメンバーに加えました。

この2人、能力がとにかく高く、その規格外のポテンシャルが最近さらに爆発してるので、もうこれはU-8カテゴリーに閉じ込めておくのはもったいない、もっと上のカテゴリーでやらせたほうがさらに伸びるだろう、という判断で今回呼んでみたんですが

 

正直どれくらいやれるかな、という思いがあったものの、最初の1プレー目から、その疑案は取り越し苦労に終わったのでした。

 

水を得た魚って、まさにこういうことを言うのだろう。

 

U-8の中でやる時は彼らが攻守ともに中心になって馬車馬のように獅子奮迅するのだけれど、U-10に入れば「ゴールを獲る」ことだけに専念すればいいから、なおさら爆発力が増すわけです。

U-10のゲームだからピッチも広い。その分スペースもあるし、良いタイミングで走れば、良いパスが次々に出てくる。そうしているうち、試合中にそのタイミングもどんどん掴んできて、動き出し、動き直しの質を自分でどんどん上げていける。もうこれは才能と言うしかないのだけれど(語彙力)

 

抜群の動き出しでスルーパスを引き出し、前む向けば爆発的なスイッチが入り、足元でパスを受けて後ろを向いている状態でも強引に前を向こうとする気骨。そして相手に最後まで食らいつく、その闘争心。案の定、ゴールも獲ってしまった。

弱冠2年生のふたりがこの日に見せた恐ろしいほどのポテンシャルを目の当たりにして僕は震え上げるとともに、今までU-8カテゴリーだけに閉じ込めていたことで、彼らの持つ才能を今までいかに制限してしまっていたのかと、自ら先見の明のなさを思い知ったのでした。

 

子どもたちの能力を大人がスポイルすることなく、いかに引き出していける環境を用意してあげられるか。その必要性を、改めて思い知った一日。だからこそこれからが楽しみになって、4年生たちを乗せての帰り道は、ワクワクのドライブだったのだけど。

 

その帰り道の途中、ある卒業生から、一通のLINEが送られてきました。

この件については、また今度。

 

 

 

 

 

夏の番外編 ② 〜 古都同士の交流。AC gloria in 鎌倉

f:id:neutralfootball:20180814054354j:image

8月4日(土)よりともSC & AC groria

鎌倉市・ミカエル広場)

去る5月、京都にお呼ばれし、AC gloriaの選手たちと交流させてもらいました。

その時のBlogがこちら ↓↓

adlibler.hatenadiary.jp

そのgloriaが、8月上旬の日程で京都から関東遠征に来ると。で、gloriaの山田さんから、この8/4にどこかで交流できるチームと場所を探してくれないかとお願いされたのが、確か7月の初めくらい。

もちろんうちのロボスで交流できれば良かったのだけど、前日まで6年生は合宿だし土曜はグランド用意できないし…と諦め、でもすぐに「あそこなら」と思い立ち、鎌倉の「よりともSC」代表・五十嵐さんにオファー。

京都と鎌倉、歴史深い古都同士のJrクラブが交流を持つって、画期的だし素敵やん、と思って。

 

光の速さで快諾して頂いた五十嵐さん、当日は全員分のアイスまで用意してくれた五十嵐さん、とにかく五十嵐さん、本当にありがとうございました!

 

というわけでこの日、僕はただ両クラブを繋ぐ役割だけという名目で鎌倉へ出向き、何もせずただ試合観戦…という平和な一日。gloriaの子達とは3ヶ月ぶりに会えた。彼らからハイタッチしに来てくれて、嬉しかったな。

 

f:id:neutralfootball:20180814054409j:image

試合はのんびり、お互い良いムード

f:id:neutralfootball:20180814054421j:image

試合の合間にはアイスで休憩

 

京都と鎌倉の両チーム

これを機に、古都クラブ友好条約を結んで交流を持ってもらえると、嬉しいです。

 

試合も終わり、gloria御一行を見送った後は

gloriaと同じ京都から、この日偶然ふらりと一人旅に来ていた京都フレンズ、黒田さんと鶴岡八幡宮で合流。

鎌倉を案内した後は東戸塚へ移動し、某バルでしっぽりと。

この店はうちの某卒業生がバイトしてるというので一度行ってみたかった店なんだけど、どうせ今日はいないだろと思って気軽に入ったら、見事にアイツいた(笑)

 

しかし、教え子が働いている店で飲むというのは精神的にあまり良くないなと、この日初めて思った。

しっかりやれてるのかなとか、ミスしてないかなとか、酔っ払いのおじさんに口説かれはしないかとか、もう気になっちゃって気になっちゃって。だから常にチラチラと、やつを気にしながら飲む羽目に(汗)

世のお父さん達は、きっとこういう気持ちで娘を社会に送り出してるんだろうなぁ。

 

f:id:neutralfootball:20180814054436j:image

大豆戸の末本さんも合流、楽しい会でした。

 

gloriaの子達、また京都行った時は遊んでね!