LOBØS LOGOS 〜 adlibler’s diary

変幻自在、自由自在に。横浜市で活動している、ロボスフットボールクラブのオフィシャルブログです。

ハイタッチをしよう

f:id:neutralfootball:20181118214615j:image

良い試合でもそうでない試合でも、このハイタッチで全てチャラ。

上機嫌、気分良く帰ろう。

 

グランドに来て、選手とコーチ、お互い目が合ったらお互いが歩み寄って「コンチワ!」と

ハイタッチをする。よそのクラブでもやっているところは多いと思いますが、うちでもこの秋からそうしてます。

目が合わなくても、どちらかが気づいたら、気づいた方から寄って行って声かけてハイタッチしようぜ、と。

 

f:id:neutralfootball:20181117195239j:image

これは園児の時間

 

f:id:neutralfootball:20181117151056j:image

こちら小学生。左の方の靴下の柄が気になるでしょうけど、そこはスルーしてあげて下さい。

 

画像はないけど、ジュニアユースの選手達とも、そうしてます。

中学男子特有なシャイボーイの彼らも、照れ笑いしながらハイタッチする子もいれば、喜んで自分から寄ってきてハイタッチしてくれる子もいる。

 

最近不思議なくらいにジュニアユースの子達の雰囲気が良くなり、それに伴い試合への入り方が劇的に向上した原因は「チーム」としての空気感が醸成して「俺もあいつも、大切なチームの一員なんだ」という本当の一体感が生まれてることと無縁じゃないと、そこは確信している。

やっぱりコーチと選手である前に人間同士だし、練習中だけ、サッカーのことだけしか話さないのも味気ないし、普通にフランクに、たわいもなかったり時にはエロい話だったりできる関係性と空気感が当たり前になっていけば、いざという時の胸襟の開き方だって、きっと違ってくると思うんだ。

 

練習でも試合でも、コンチワとサヨナラ、最初と最後にハイタッチをすればそこで全てリセット、気持ちも切り替えて上機嫌でいられる。

さらに、そこで必ず目を合わせ会話を交わすことで「今日、コーチとひと言も喋らなかった」をなくすことが出来る。些細なことだけど、これはかなり大きいんじゃないか。

見てくれてる、気にかけてくれてる、と思ってもらえるかそうでないかは雲泥の差で「僕は気にかけてもらえていない」という悲しみや不満が積み重なっていけば、気づいた時にはもう取り返しのつかない事態になって、いきなり「今日で辞めます」というエンドボタンを押されてしまう。経験上。

過去のそんな選手達、これは本当に申し訳なかった。

 

コンチワとサヨナラだけでなく、ゴールを決めた後も。

 

そしてこちらも恒例、試合の後のおつかれハイタッチ

 

そういえば今月初旬、3年生がある大会で優勝した。試合後は僕が電車で引率して東戸塚まで帰ったんだけど、駅にお迎えに来てたお母さん達とも、なぜか自然に「うぇーい」ってハイタッチした。

アレ、なんだかとても嬉しかったなぁ。

 

人間、ハグをするとドーパミンが出て気持ちが安らぐらしい。さすがに毎回全員とハグするわけにもいかないし女子もいるからセクハラになるし

なので、やっぱりハイタッチがよい。手と手が触れるだけでも、そこで気持ちがきっと通う。

ちゃんと目を見てね

(くぼっちは目を見ないからダメ!と最近ある人に叱られたけど)

 

一日二回のハイタッチ。今後も自然に続けていこう。

 

【大島レポ】U-12 vs イトゥアーノFC横浜

11月18日(日)

LOBØS U-12 vs イトゥアーノFC横浜

(今川公園)

 

イトゥアーノFC横浜さんにお呼ばれし、ほぼ地元の今川公園でTRM。イトゥアーノさん、若林さん、ありがとうございました!

久保田はU-8の試合に帯同していたため、今日は大島コーチにお任せ。

以下、大島コーチからのレポートです。

 

f:id:neutralfootball:20181118203621j:image

土曜日の試合の反省を踏まえ「スルーパスを引き出す動き」「裏を取られない動き」を意識して臨みました。


裏を取られない動きは、個人差は大きいけれどかなり意識して実践できた感じはあったかな。でもスルーパスを引き出す動きはなかなか難しい。スルーパス自体は出るんだけど、どうしても後追いに。自分の動きで味方のパスを促すって、言うは易しでやってみると難易度が高いものですよね。

 

f:id:neutralfootball:20181118203917j:image


卒業までにはいい動き出しからスルーパスが相手DFの間を切り裂き、GKとの1対1を冷静に決めるシーンを見させてもらえることを期待しています(^ー^)ノ


イトゥアーノFCさん、試合の機会を提供いただき、ありがとうございました。

 

U-12・レコスリーグ

11月17日(土)

U-12・レコスリーグ

(東京横浜ドイツ学園)

 

f:id:neutralfootball:20181118204550j:image

sakistaglamより


f:id:neutralfootball:20181118204558j:image

Bossから授けられたこの日のテーマ

 

詳細はのちほど。

以下、画像はロボスのインスタ担当大臣・早貴コーチがあげてくれたsakistaglam(@lobos_yokohama)よりどうぞ。


f:id:neutralfootball:20181118204603j:image
f:id:neutralfootball:20181118204607j:image
f:id:neutralfootball:20181118204554j:image


f:id:neutralfootball:20181119215442j:image

最高のキャプテン

11月14日(水)

ジュニアユース(U-13)の練習。

 

「明日テストなので99%休みます」って前の日に自分で連絡してきたのに、残りの1%を使って練習に来たU-13キャプテン。誰よりも早く来て、一人で勉強してた。

 

f:id:neutralfootball:20181117150011j:image

 

自分の時間をデザインし、サッカーも勉強も遊びも全力でやればいい。

部活などでもテスト前は強制的に練習が休みになるけど、休みになったってやらない奴はやらないし、休みがなくたって、やる奴はやるんだよね。

 

二兎を追う者だけが二兎を得る。この感覚が当たり前になればいいのにな。

 

今年度からジュニアユースが立ち上がり、園児や小学生までをも含めて、クラブの一番最年長の代が、彼らU-13の選手達。

つまりその代のキャプテンということはクラブ全体のキャプテンでもあり、クラブの象徴とも言える存在だ。

 

よそに試合に行った時、相手チームの指導者の方から

「あの子、なんか気持ちが良いですね。私にも自然に話してくれて、素敵だなって思いました」

と言われたことがある。しかも同じようなことを、別の機会に別のチームの人にも言われた。


うちのクラブは、良いキャプテンを持ちました。

小学生たち、よーく見習うように!

 

 

【ジュニアユース】2019年度 新中学一年生・体験練習会のお知らせ

f:id:neutralfootball:20181114215940j:image

一緒に、魅力をデザインしよう


ロボスフットボールクラブ・ジュニアユース
『 2019年度 新中学一年生・体験練習会のお知らせ 』

 

2019年度へ向けて、新中学一年生(現・小6)の選手対象の体験練習会を行います。

新年度からの進路がまだ未定の選手の皆さん、この機会に、ぜひご参加下さい。

 

詳細&お申込みは、下記リンクからお願いします。

ロボスフットボールクラブ:2019年度・新中学一年生対象 〜 体験練習会のお知らせ

 

お待ちしております!


f:id:neutralfootball:20181114215946j:image

園児達について

f:id:neutralfootball:20181112133200j:image

最近の園児たち。良い顔してるでしょ〜

 

園児クラス、いつのまにかこんなに人数増えちゃいました。ありがたい!

女の子が立て続けに入ってくれたことで、小学生も含め、女子選手の人数がついに10名を超えた。

これは過去を振り返っても初めて。クラブ史の中でも、これは大きな出来事です。素直に嬉しいな。

 

過去の名言

幼稚園に子どもを迎えに来ていた、サッカーに入っていない子のお母さん同士での会話

「ここのサッカー、いつ見ても練習らしいことをしてるの見たことないのよね〜」

 

そのお母さん達はネガティブなニュアンスで言っていたのかもしれないけれど、うちにとっては最高の褒め言葉。特に園児なら、なおさら。

コーチの笛や掛け声で集合して!しっかり挨拶して!みんなで同じ練習をして!キックはこう、ドリブルはこう!なんて練習を3〜6歳に強いるなんてサッカーの神様に反してると僕は思うし、そんなのつまらないと思うんですよね。

 

人生の最初にサッカーに触れる機会ならば、サッカーって楽しいもの、自由なもの、嬉しいもの、誰からも強制されないもの、強いられないもの、という印象を与えてあげたい。

 

だから園児の練習は開始が14時と一応は決まっているけれど、14時を過ぎても子ども達が自由にボールで遊んでいるなら、そのまま放置して遊ばせてる。だって彼ら彼女らからしてみたら、それこそが「サッカー」なのだから。

別にボールを使っていなくても、そこにいて自分の意思でその時間を楽しんでいるのならばそれがあの子達の「サッカー」な訳で、やっぱり放っておく。

ある子は砂に絵を描いてる。ある子は捕まえたカマキリを大事そうに抱えて守ってる。ある子は葉っぱや木の枝、綺麗な石を拾い集め、家を作ってる。

こんな時間を大切にしたい。サッカーの時間に芸術的センスまでも磨かれるならば、なお最高じゃないか。

 

大人の常套句「みんながやってるから!」という言葉は、一生使いたくない。

 

そのうち子ども達が自主的に集まって、チームを分けて、ビブスを配って自分達で着て、エンドを決めてゲームを始めます。これいつもの光景。

一見ただ好きなように自由に過ごして遊んでいるわけでもなくて、彼ら彼女らなりに、自治を始めてくわけです。

ありがたいことに、うちの練習を見学に来て下さる指導者の方がたまにいるのですが

この園児達の光景を見て、皆さん驚いて帰っていきます。園児でこんなこと出来るんですね…と。

 

園児でもできる。できないと思うのは大人の思い上がり。彼ら彼女らを信用すればあの子達はちゃんと応えてくれるし、僕ら大人が失った純粋な感性や、感情の発露や、とんでもない発想で僕らに新しい気づきを与えてくれる。学んでいるのは僕ら大人のほう、と実感させられる。

 

園児は僕らの先生。まさにです。

 

5年前

皆がゲームをしているのに彼だけ全くやらず、楽しそうに滑り台で遊んでいる年少さんの子がいました。僕が「おーい、そろそろ一緒にサッカーやろうよ」と声をかけたら

「今やってる〜!」と。

そう、彼にとってはそこにいること、そこで楽しい時間を過ごすことこそが「サッカー」そのものだったわけです。

 

そんな彼も今は3年生になり、先日の大会で一日で19点取って優勝に貢献し、大会最優秀選手にも選ばれた。あの時「みんながやってるんだから!」と強引に彼を滑り台から引き剥がして強制的にゲームに混ぜていたら、今の彼の姿には、おそらくなっていないんじゃないかと思います。

 

園児達が「自分達で、自分達のサッカー」をする時間。

まだまだ、仲間入りお待ちしてますよー!

 

一緒に遊んだ日 〜 2年生@しらゆり

11月11日(ポッキーの日

2年生

FCしらゆりシーガルスさんと、たっぷり交流…!の巻

伊勢原白百合幼稚園)

 

f:id:neutralfootball:20181114170054j:image

初めて来たけど、素晴らしい施設の幼稚園!

 

FCしらゆりシーガルスさんとの交流。

ただ試合をする、というものではなく、一緒に鬼ごっこしたり、1v1、2v2 〜ミニゲームまで、一緒に練習したり。


f:id:neutralfootball:20181114170047j:image f:id:neutralfootball:20181114170038j:image

両チーム入り乱れ一緒に。普段の試合では見られない表情が随所に。みんな楽しそうだった!


f:id:neutralfootball:20181114170050j:image

最後は仲良く共同作業


f:id:neutralfootball:20181114170043j:image

「最後、ついでに試合しよっか」くらいな感じ。

実はこれくらいが丁度いいのかもなぁ。

 

子ども達は終始楽しそうだった。「いつもの試合より楽しかった」って、何人もが言ってた。

まだ低学年。試合だ!オラ!サッカー選手たるものは…!なんて、ただただこちら大人の自己満を押し付けてるだけなのかもしれないっすね。

本当に本当に楽しそうな子ども達の表情を見て、少し反省した僕なのでした。

 

一緒に遊んでくれたFCしらゆりシーガルスのみんな、そして何から何までお世話になった一場さん、ありがとうございました!

ジュニアユースも含め、今後も宜しくお願いします。