LOBØS LOGOS 〜 adlibler’s diary

変幻自在、自由自在。横浜市で活動している LOBØS(ロボス)のオフィシャルブログです。

ずっと続いてほしい時間

f:id:neutralfootball:20191122204007j:image

11月19日(火)

U-8の時間でも、もうあっという間にこんなに暗くなる季節。

 

でも、暗い中でこそ磨かれる感性がある。照明バッチリ、人工芝バッチリ、何もかも不自由のない環境の中で過ごすと、いつの間にか失われてしまうものもたくさんある。

うちは、昔からここが最高の環境だと思ってやってるのです。


f:id:neutralfootball:20191122204000j:image

U-12

この日は最初から最後までゲームOnly。それこそ、それぞれの感性が最初からノリ良く出てる。こういうゲームができている時は、これに勝る練習などない。うちは昔からそう。子ども達も、やっぱりゲームが一番好きだしね。

ゲームだけで終われる日が一番尊い。そのゲームの中で、自分が今練習したいことは必ず練習してねといつも伝えてる。

ゲームだけでも充分うまくなれるし、うちは日本で一番ゲームをしてるクラブだという自負もある。


f:id:neutralfootball:20191122203957j:image

技術、アイデア、アドリブ、そして熱気。

量より質、質よりノリ。このゲームずっと見ていたいよって、本気で思えた。いい時間だったなぁ。

 

某5年の左利きアドリブラーが、左から受けたボールをノンステップノールックで右奥にいる味方にふわりと浮かせてロブパスを出した。

マジかよなんだ今の、ってもうビックリして、その場で真似した。

 

・・・

 

真似できなかった。

腰がいうこと聞いてくれず、その場でお尻から豪快にすっ転んだ。

場内大爆笑。。

 

それほど、おじさんには真似できないほどに頭おかしい凄いプレーだったということ。

ホントびっくりした。頭で観る、上半身と下半身をバラバラに動かすってまさにあれ。

 

俺は腰の痛みと心の傷がまだ癒えないw